こんにちは😃

料理本を読んでいて、細切りやみじん切りなどの切り方が書いてありますよね📕📗

でも どうやって切るかは書いてない😢

だから、なんとなくで切る💦

更にいちょう切りや短冊切り、乱切り❓❓❓ってなに〜‼️😱

って方も多いのでは?☺️

 

料理の基礎の基礎

切り方編をお伝えしまーす✨

 

その3  乱切りの巻

切り方の中で乱切りが、もしかしたら一番難しいかも⁉️

初心者さんは特に考え過ぎて、頭がごちゃごちゃになりやすいのがこの乱切りなんです💦

 

だから あまり考えず切ってみましょう😊

 

乱切りとは多面体に切ること❗️たくさんの面があることで味の染み込みも良いのです💕

だから同じ形にはならなくても、同じくらいの大きさに切ることを心がけてくださいね。

 

1.まず切りたい野菜をキュウリくらいの太さの棒状に切る。(キュウリやゴボウはそのまま次に進む)

今回はキュウリよりもかなり太いダイコンなので、欲しい長さを切り、更に立て割にする。

ダイコンの直径によって、4等分から8等分にする。

2.皮をむき、まな板に横長方向でねかせて置く。

3.右利きであれば、右端から欲しい大きさのところに包丁を斜めにあてる。

4.包丁はそのまま、まっすぐ下に切る。

5.ここ大事‼️次にダイコンを左手で手前に転がし、先ほど切った断面が上向くように転がす。

6.
また先ほどと同じ角度で包丁をあてて、まっすぐ下に切る。

7.またまた左手で手前にダイコンを転がし、切り口が上向いたら、包丁をあてて切る。この繰り返しです❣️

ダイコンの端から端まで包丁をあてなくても、既に切った乱切りダイコンの大きさに合わせるように気をつける❗️下の写真のようにダイコンの切り口が少し残ってるくらいでもOKなんです。

8.はい。出来上がり〜😊❣️

最初も言いましたが、あまり考え過ぎないで切ってみてください。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村“>にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村