こんにちは😃 

料理本を読んでいて、細切りやみじん切りなどの切り方が書いてありますよね📕📗

でも どうやって切るかは書いてない😢

だから、なんとなくで切る💦

更にいちょう切りや短冊切り❓❓❓ってなに〜‼️😱

って方も多いのでは?☺️

 
野菜の切り方編 細切りをお伝えします‼️
 
必ず細切りって出てきますよね。
大根も人参も、生姜も、絶対に覚えておくと便利な切り方です。
 
まずは、千切りとの違いについて❗️せん切りは細切りよりもっと細く切る時に使われる言い方です。
ゆずの皮やショウガなどそのままお料理の上にのせたりする時なんかは、千切りの表記が多いです。
でも切り方は同じ😊です。
 
では今日は大根で細切りしまーす。
1.大根を欲しい長さに切る。
長さが5cmの細切りが欲しいなら、5cmに切ります。
 
2.大根の皮をむき、立ててまな板において、端から薄く切ります。この時はまず包丁の先を大根に差し込み、ゆっくりテコの原理で下へ包丁を下ろすと、下までうまく切れますよ❣️

 

3.薄く切れた大根を少しずつズラしながら、並べます!
少し面倒だけど、次に一気に切れるから根気よくやって下さい。

 

補足
大根には繊維が縦にはしってますから、繊維が縦向きになるように並べるとシャキシャキした食感の細切りができます😊
下の写真は右側が繊維が縦向き、左が繊維に逆らってます。だから右側が⭕️

 

4.大根を並べ終わったら、端から細くきるだけで出来上がり〜‼️😊

 

 

*写真に食材が写るように、左手を外してますが本来左手は指を少し丸めて、包丁にあてて切り進めると薄くも細く切れますよ❣️
左手重要👍です。(右利きの場合)

 

また切り方編どんどんアップしますので、良かったらフォローしてくださいね💕😊

料理教室に興味を持っていただいた方はこちらから!!ルンルン料理とお菓子の教室アグレアーブル